「ひらがなを絵かき歌にできないかなぁ」あかね書房の編集者、

加藤さんが無茶なことを言いました。

 私はひらがなの形をほかの物に見立てればできるかな?と思い、

口からでまかせに言ってみました。

 

 私 「い→いぬがうんちをいっぽんしたよ まだまだでたよ もういっぽん」

 加藤「そう、それ!それ!」

 私 「け→けがぬけた ピンでとめてもけがぬけた」

 加藤「もー最高!哀愁さえ漂ってるよ」

 

 大ウケしている加藤さんを見て、こんなふざけたものでいいなら、

なんとかなりそうな気がしてきました。( 下へ続く↓)

 

” ひらがなの歴史 ”に名を残す!?

 

えかきうたであいうえお 大沢幸子

(あかね書房)

3.さがし絵 (本文P30より〜)

 この絵の中の「ろ、わ、を」のつく

 言葉探しましょう

(こたえ)ろば、わんこそば、わっか、わさび、「額の中の「わ」

 

2,えかきうた(本文P26より〜)

 おもしろい絵が描ける遊び歌つき

1.文字のえかきうた

 書き順が正しく覚えられる文字のえかきうた

★ 絵かきうた以外にも

   いろんな遊び方ができま〜す!

 

 

 

 

 

 

 ところが考えはじめてみると、「ぬ、ね、わ、を」などの形が複雑な文字は、

何かの形に見立てることが難しいし、絵の見せ方も「いぬのうんち」を

一本並べて描いたって、「い」だとはすぐにわかりません。

だからと言って絵の上に「い」の字をのせてしまったのでは、

見づらくなってしまいます。

 毎日「いぬのうんち」と真剣に格闘しているあたしって馬鹿ね...と

うんざりしながらも、いやいやこれは、平安時代からの”ひらがなの歴史”に

名を残す仕事になるかもしれないんだ。

 『2010年 大沢幸子により。ひらがなの絵かきうたがつくられる』

なんてね。歴史の教科書に載っちゃったりしてね...と、自分を励ましました。

 じたばたしながらも、根気づよくひねくり回してるうちに、

なんとかひらがな46文字の絵かきうたが誕生しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 この絵かき歌どおりに字を描いていくと、正しい書き順で字が覚えられます。

でも、お勉強としてやるのでは楽しくありません。

本来、絵かき歌は自由でおおらかなもの。

ひらがなの絵かきうたを通して、絵を描くことの喜びや、想像することの楽しさ、言葉のリズムの心地よさを感じ取ってもらえたらなと思います。

 「つ」っていう字は、つるっぱげおやじの後ろ頭に似ていますよね?

だから「つ→つるっとひかる つるっぱげ」

 この本をかこんで、ご家族のみなさんでわいわい盛り上がってください!

  

                       

        こどもの本2011年7月号 (日本児童図書出版協会)「私の新刊」より                                                  大沢幸子(おおさわさちこ)